Summer Updates/ 日本語プログラム開講決定!夏の間の活動報告

This summer like most summers has been blazing by too fast! While schools have been out, we have been taking stock of where we are with the Japanese DLP and refocusing our efforts on what needs to be done this upcoming school year. Now that we have a home for our program, these are our next big steps:

1) apply to grants to fund our program
2) find a great teacher for the first class
3) find curricular resources
4) recruit for the first class for both native and non-native speakers

Grants
We have narrowed the grants that we will apply to and we are excited for all the possibilities that they will bring. If any of our followers have experience with grant writing, we would love for you to reach out to williamsburgduallanguage@gmail.com.

Teacher Recruitment
We have started collecting resumes from a few key contacts. We have a few resumes from certified teachers that are currently teaching Japanese in the DOE. We also have a few resumes from well-known private schools in the NY area. We have a resume from someone who has experience in a Montessori classroom and have had interest from teachers in Japan as well. We just met a wonderful candidate who is studying with Teacher’s College, Columbia University and hopes to be certified in time for when we start. We will be reaching out to other teaching programs to see if there are more worthy candidates to reach out to. Feel free to talk up our program and help us recruit the best teachers for our program!

Curricular Resources
We have had meetings both in person and virtually with a few schools and professors of Japanese Bilingualism to help us inform our own curricular approach. We met with BJAFA and Aozora Gakuen early on and were inspired by their vision of the harmony between Japanese language and culture and American curricular themes.

Yumi reached out to Ms. Kazuko Nakajima from the University of Toronto who is one of the most well-known scholars of Japanese language. She is also the chairperson for Canada Japanese Education and sits on the Academic Advisory Committee at Hinoki International School, an amazing two-way Japanese immersion schools in Detroit, Michigan. Ms. Nakajima is very excited for our program and recommended we talk to Ms. Nakano, a well-respected bilingual / multilingual researcher and educator. I will be visiting Hinoki IS this fall when they are back in session to see their amazing program first-hand.

Yumi, Yuli and I met virtually and skyped with Ms. Nakano to talk about her approach to curriculum as the principal of “Brooklyn Japanese Language School.” Ms. Nakano talked about how children’s brains work in learning languages and how classroom teachers can help children learn second languages best. She talked about how we need to make Japanese relevant and engaging for children; in her opinion, rote memorization does not work. Ms. Nakano is a true pioneer in Japanese bilingual education.

We have also reached out to Ms. Toshiko Calder, the chair of the board of directors of the Princeton Community Japanese Language School to seek her advice. Being a part of a learning community with such professional scholars is a very prestigious and wonderful opportunity for us. We welcome their support in our endeavor.

Yumi, Yuli and Monica had a meeting with Ms. Bouteillon of PS58 and Ms. Masuya of Japanese language in the United Nation International School. Ms. Bouteillon created the curriculum for the French DLP at the very popular PS 58. Ms. Masuya is a Japanese language teacher at United Nation International School. They both shared their experiences and gave us a lot of insights on what we should work on regarding how to work with a school in the public DOE system. The meeting was full of learning. We are very grateful for their helpful advice!

We also had an opportunity to speak with Ms. Yanase at El Marino Language School in California. El Marino is one of the oldest schools in the United Stated to have a Japanese DLP. Yumi is looking forward to touring their school when the students and teachers are back in session.

We also attended the “Northeast Council of Teachers of Japanese” (NECTJ) that is took place right here in New York. This is the annual meeting for all the researchers to share what they have learned and share best practices. The conference was full of learning for all of us. We are very excited to learn more about how children learn to be bilingual and the practices which teachers take to create curriculum. Yumi met with Ms. Calder finally in person and had a fruitful conversation about our program. She was excited about our efforts and told us how much she is looking forward to the start of the DLP.

Student Recruitment
As far as recruiting for PS 147, we are happy to say that we have approximately 20 out of zoned families entering preK this fall. These are families that heard about PS 147 based on our recruiting efforts and fell in love with the school, teachers, and Principal Noyola’s vision for her school. Within those 20 families, 5 of them are from Japanese families. The 5 children will be in the same class as a way to encourage them to continue to speak as much Japanese together as possible. We hope that many of the non-native families will be interested in our program and apply for the inaugural class next year.

We have been very busy this summer and the school year will be even busier as we ramp up for the start of the first-ever Japanese DLP in a NYC public school!

夏が始まる少し前に、PS147での2015 年9月からの日本語プログラム開講が正式に決定し、夏休みの間にカリキュラム作成について専門家の方々からご意見をお伺いしたり、その他リサーチやミーティングなどの活動をしておりました。私たちの夏の間の活動のご報告をさせて頂きたいと思います!いよいよ新学期が始まり、次のステップは、

1)奨学金に申し込むなどプログラムに必要な資金作り
2) プログラムにふさわしい先生探し
3) カリキュラム作成とそれに必要なリソース集め
4) 第一期生のリクルート

などなど、今後もさらに活動をしていきたいと思います。

カリキュラム作成などに関するミーティングなど:

夏の間にアメリカ国内にある全日制の日本語イマージョン(バイリンガル)の学校や、バイリンガルの研究をされている専門家の教授の方々、ニューヨークの他のバイリンガルプログラムの先生などにご連絡をさせて頂き、実際にお会いしたり、お電話でお話をしたり、メールなどでやり取りをすると言った形でお話をお伺いしたり、ミーティングをしたり致しました!

プロジェクトを始めたばかりの頃、あおぞら学園の香さんと美穂さん、ブルックリン日本語学校の美紀さんにお会いをし、沢山勉強させて頂きました。皆さんの日本語教育に対する姿勢や熱心さに感動し、とてもインスパイアーされました。その後もわからない事だらけだった私たちの事を沢山手助けしてくださり、本当にとても感謝をしています!

5月にトロント大学の 中島教授にご連絡をさせて頂き、とてもご親切なご意見をいただきました。中島教授はバイリンガルスタディーで名誉の高いご教授で、ミシガンの2ウェイイマージョンのヒノキインターナショナルスクールでは、開校以来アカデミックアドバイザーをされており、Canada Japanese Educationのチェアパーソンでもあります。この秋にはラニーがデトロイトのヒノキインターナショナルスクールを訪問する予定を立てており、すばらしいプログラムの見学を楽しみにしています!

同じく5月にはプリンストン日本語学校のディレクターのカルダー先生にご連絡をさせて頂き、ご意見をお伺い致しました。 中島教授、カルダー先生や中野先生からのお話は、何もかもとても参考になる事ばかりで、ご意見を頂きとても感謝をしています。これを糧に良いプログラム作成に力を入れていきたいとグループで思いました。

6月には、United Nations International School の講師をされている桝谷先生と、フレンチDual Language Programでとても人気のPS58 のフレンチプログラムを作成されたマリー先生とカリキュラムに関するミーティングの機会を作って頂きました。とても内容の詰まったミーティングで、沢山勉強させて頂きました。実際にPS58でどのようにフランス語を教えてらっしゃるか、どういったチャレンジがあるか、どういった成功例があるかなど、沢山のご経験をシェアしてくださいました。私たちグループではわからなかった事や知らなかった事なども沢山ありました。先生方お忙しい中、ミーティングをして頂き感謝しています!

同じく6月にはカリフォルニアのCulver Cityの日本語イマージョンスクールのEl Marino Language School の柳瀬様とお電話にてお話をさせて頂くお時間を頂きました。翌週に、ゆみがカリフォルニアに行く際に学校見学をさせて頂きたかったのですが、学校は既に夏休みに入っており、次回見学をさせて頂く事になりました。ですが、お電話にてお時間を割いて頂き、 カリキュラム作成についてや、どのように教えてらっしゃるかなど、詳しく沢山ご経験をシェアしてくださいました。また秋にカリフォルニアに行く際に学校見学ができれば!と楽しみにしています。

その後同じく6月に、ゆみとユリとラニーで、中野先生とスカイプにてカリキュラム作成についてのミーティングを致しました。トロント大学の中島先生からのお言葉により、バイリンガルとマルチリンガルの研究をされている中野先生からお力をお借りする事が実現し、私たちの日本語プログラムのカリキュラム作成をしてくださる事となりました。今後は、中野先生が私たちの学校の日本語プログラムのアドバイザー/スーパーバイザーとしてカリキュラム作成に携わってくださいます。中野先生 はブルックリン日本語学校の校長先生をされており、すばらしいカリキュラムを作成されております。中野校長先生より、どのように子供達の脳が言語習得していくか 、どのような方法で子供達がより楽しく日本語を習得していけるか、そして先生方がどのように教えていき、手助けをしてあげられるかなど、沢山ご説明をしてくださりました。とてもすばらしいご意見ばかりで、驚きの連続でした。中野先生のようなバイリンガルの研究をされ、実際にブルックリン日本語学校にて素晴らしいプログラムを作成されている先生がお力を貸してくださり、とても心強いです。良いプトグラムを作成していきたいと思います!

今年のpreK:

夏の前にゾーン外のアメリカンコミュニティーにも147の素晴らしさを紹介しました。沢山のご家族が学校見学に足を運んでくださり、学校や先生達や校長先生をとても気に入られ、今年は20組ほどのゾーン外の新しいご家族がpreKに入学され、人種も様々になりました。新しく入学したご家族でフェイスブックのベージやグーグルのグループも作り、入学前に新しく入学されるご家族でピクニックも開催され、楽しく学校生活を送っていらっしゃいます。5組ほどの日系人ご家族も入学され、日系人の子供達は皆同じクラスで学んでいます。

奨学金:

夏の間にリサーチをして、幾つか学校が申し込める奨学金を探しました。この奨学金で日本語の本やマテリアルなどを購入したいと思っています。もしもブログを読んでいる皆様の中で奨学金制度詳しい方や、学校から申し込める奨学金などご存知の方、または実際に申し込んだ経験のある方がいらっしゃいましたら、是非ともその際の経験をメールにてシェアして頂けるととても嬉しいです。williamsburgduallanguage@gmail.com

教師の募集:

現在は、知り合いの方々からのご紹介により、ニューヨークで教える事の出来る資格をお持ちの先生方より数人ご応募を頂いています。今後は募集範囲を広げて、インターネットや先生達の所属する会などにも募集をのせていこうと思います。是非皆様もお知り合いの方たちなどに先生募集の件を広めて頂ければとても嬉しいです! 質問等やレジメもこちらのメールアドレスにて受け付けていますので、是非ともお気軽にご連絡くださいね! williamsburgduallanguage@gmail.com

 

秋に入り新学期が始まりました。さらに来年のプログラム開講に向けて活動を進めていき、随時アップデートをのせていきたいと思いますので、今後も宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s